2011年 06月 14日

ややレアなアンティークたち。。

これ。。フランスのオークションでみつけて
すぐに値切って送ってもらったものです
d0350221_12250920.gif


d0350221_12250988.jpg



シャンパンボトルをいれるバスケットなんですが、
この横についてる木のラベルに一目ぼれ・・・

旦那さんに気付かれないように
アンティークラダーの足元に置いていたけど、
家を建築して見たことのない桁の金額を動いて、
金銭感覚がマヒしている今しかない
d0350221_12250928.gif

シレ~っと買ったものです。
正確には『シレ~っと買ったもののひとつです』。にやり。

といっても、日本で買うのとは比べ物になりませんよ
d0350221_12250919.gif


送料込みでも4千円くらいかな。
円高万歳。

そしてもう一つ大物。
イギリスから取り寄せたソーイングボックスです。

d0350221_12251003.jpg


この手のソーイングボックスはよく見かけますが、
足が長くてかなり大型のこのタイプと何とも言えない色合いに
ピンとしてお買い上げ
d0350221_12251098.gif


もともとは玄関に置く予定だったのですが、
手持ちでもっていたマリメッコのファブリックパネルと
相性がよかったので、
2階のホールに飾っています。
もちろん中には裁縫道具、リボンとかはぎれとか。
収納力抜群。
まだまだ半分は何もいれてません。
広げるとこんな感じ
d0350221_12251093.gif


d0350221_12251094.jpg


大きいアンティークの雑貨は
なるべく居場所があるように設計段階から
気をつけて購入に踏み切りました
d0350221_12251075.gif


今度海外のオークションの参加方法や
簡単なやり取りの英語などなど
アップしますので、
興味のある方はやってみるのもいいかもしれません。

海外のオークションは日本と違って
入札が入ると始まる、あのわけわからん5分自動延長制度がなく、
落札する方は金額の目途がつくし、
何といってもラッキーな落札が多いです。

あとは蚤の市を定期的にチェックして、よく買ってます。
蚤の市に行くと昭和レトロのものって多いですよね。

そういうものは、取っ手を買えて
リメイクするだけで、安くてなんともいい雰囲気の
インテリアになるものです
d0350221_12250701.gif


ってやっぱり大阪人だからかな。。
思いっきり安さ自慢しちゃう(笑)

アンティークを高く買うのは誰でも出来ますが、
安く買う努力も楽しいものです
d0350221_12251039.gif


っときれい目にまとめておきましょう。
[PR]

by HOME_aholic | 2011-06-14 09:40 | antique | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://homeaholic.exblog.jp/tb/22591974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< キッチンの形は??和室って必要...      家の設計で気をつけたこと。 >>