2011年 08月 23日

◆思い通りにいかないローテーブル。

今リビングで使っているローテーブルは
今のフレンチの家には
正直合っていません。
今のフレンチ+北欧+アンティーク+ナチュラルの
ミックスという意味ではあってるのかもしれないですが。。

北欧テイスト一色だったころ、
働いていた自分へのご褒美で
すべて無垢のウォールナットを使ったテーブルを探して買いました。

d0350221_12260998.jpg


高速で動く一歳児が映りこんでますね(笑)

自分で買った嫁入り道具のようなものなので、
とても気に入って使っています。

当時東京のオフィスビルにテナントで入っていた
おしゃれな家具屋があり、
仕事の休憩中にいそいそと注文しにいきました。

結婚前だったので、旦那さんには本当の値段よりも
半分の値段と申告してお買い上げしました。

そしてバタバタな運命が始まりました。

商品の脚がもともとはステンレスのものが付いていました。
そしてオプション(15000円)を払えば
脚を同じウォールナットにしてもらえるのでお願いしました。

カードでお買い上げ。

職場に戻りました。

電話が掛かってきて、『オプションの15000円を請求し忘れました』と。

仕事中にちょっと抜けて急いでお店に。
カードで支払い。

また電話がかかってきて『間違えて15万円カードで請求しちゃいました』と。
確認しなかった私の責任もあるので、
またお店にいって払い戻しの手続きを。

受注生産なので、待つこと2週間。
宅配便で受け取るために東京から新居へ。
受け取った段ボールがやけに大きい。
脚を天板にくっつけると・・・

脚だけダイニング仕様の高さで、
天板はローテーブルの大きさ。。

あれれ。
トンネル??笑

お店に電話すると、伝票は正しいけど
工場が間違えた。と若干非をを認めない。

どっちが間違えたかはこっちには関係ないけど、
二日後にはこのテーブルで
たこ焼きパーティーする予定だったのに。。

意外にもガツンと言えないワタシ。

旦那さんに連絡すると、
温厚な旦那さんが怒りフツフツ。。
会議が終わったら店に電話して
二日後までに何とかしろって言うわ。と。

あわあわ。

旦那さんをとめて、私が代わりに店に電話。
『旦那さんが怒りの電話をする前に何か提案して下さい…』と。

すると
『店に展示している脚を臨時で送ります。』と提案ありました。
2週間後にあらためて造ったものをそちらに送ります。とのこと。

これなら納得。

さらには、これだけ迷惑かけてしまったので、
割引して脚代を無料と
(何も問題はなかった)天板は半額にさせてください・・・と。

おおお!!ラッキー☆

ただ・・・半額になって結果としては、
申告した嘘の値段におさまっただけ(笑)

このことはすでに旦那さんに打ち明けて、
ひと苦笑いただいてます。

その後大事に使わせてもらっていましたが、
長男が産まれ、立つようになって、
危ないから、と撤収されて、しばらく物置になっていました。

そして新居に移って、ようやく本来のローテーブルとして
役割を果たす日がきたら・・・

次男が立ち始めました・・・
そして今にも頭をぶつけそうで、
旦那さんから移動命令がでました。。

これでまた主役から脇役に。

テレビボードやダイニングテーブルを注文した時に
一緒に注文すればよかったのでしょうけど。。
どうしても手放せない思い入れがあるので。

子どもたちの安全が優先なので
しばらくローテーブルなしの生活を送りたいと思います。。

ながながと読んでくれてありがとうございます。。
ローテーブルも喜んでくれてます(笑)

お帰りの際に↓の3つのバナーをクリックして頂けると
とてもうれしいです。
(一日一回有効で、がんばれ!pointが入ります)

今日は何位でしょうか??

d0350221_12252045.jpg

にほんブログ村

d0350221_12252097.gif



d0350221_12252856.gif

[PR]

by HOME_aholic | 2011-08-23 08:09 | interior | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://homeaholic.exblog.jp/tb/22592046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ◆IKEAとアンティークの組み...      ◆蚤の市戦利品のキャビネットを... >>