2013年 02月 18日

■我が家の小屋。少しだけ修復。

先日受け取った長男のお絵描きコンテスト入賞の連絡。

週末から張り出されるとのことだったので、
電車経験のために久しぶりに家族4人で電車乗って見に行ってきました。

旦那さんと小声で、
『応募者数から計算したら、結局10人に1人は入賞とかなんだろうね。』と。

そして貼りだされた場所にいくと、
案の定、た~くさんの絵が飾られてました。

でも探せど探せど長男の絵がない。

『間違いでハガキが来てたんじゃない?』

って騒ぎになって、ダメ元で特別のコーナーを見に行くと。。

d0350221_12322010.jpg



3300人の応募で、30人選ばれる特別賞をもらってたようです。

夫婦でざわついてるし、夜はご褒美のお寿司、そしておやつにクリスピークリームにいくことを告げると、
長男が一言。

『あ~。わかった。ぱぱとまま、じょうずじゃないって思ってたんでしょ。。(ё_ё)』

いやいや・・・はい(。-人-。)

クリスマスにサンタさんからもらいたいもの。

というお題で、ウィザードのベルトを書いたようです。

d0350221_12322077.jpg



本人もウィザードに成りきってます。

d0350221_12322002.jpg



ちなみに次男はやっぱり。。ご就寝でした。。
肝心な時に寝て、食が絡むと起きます(笑)

d0350221_12322179.jpg



ちなみにちなみに、旦那さんも年少さんのときに
絵が表彰されて、大阪の造幣局に飾られたそうですが、
本人いわく、その時が人生で絵心のピークだったらしい・・・

同じ道をきっとたどると思うので、盛大にお祝いしといてよかったです(笑)


+ + +

ちょうど1年前に完成した我が家の庭の小屋。

d0350221_12322112.jpg



大好きな要素を盛り込んだので、
いまだに部屋の中から眺めたりしますします。。

この小屋を作ったときの部材は、
実はほぼほぼデッドストックでしたので、
ドアも瓦もすべて分けてもらったものでした。

ドアも内装用のもので、
もともと薄く塗装されていたんです。

その色が気に入ってたので、
外用に上塗りすることなく、1年過ごしてしまいました。

冬になるとま~~~ったく庭熱が上がらず、
ほとんど一歩も外でない日が続いたのでが、
ふと見ると、やっぱり塗装がはげて、ドアが傷みかけていました・・・

d0350221_12322120.jpg


気付くと気になります。。。

すぐにペイントを買いに行って、
昼間の日差しの時間帯に、塗り塗り。。
そしてドア枠や窓枠もBRIWAXのオールドパイン色でメンテナンス。



ドアの塗装の色は悩みましたが、面白い色を見つけたので、
アークベージュという色にしてみました。

角度によれば、薄いラベンダーにも見えるし、
グレーにも見えるし、ベージュにも見える色。

きれいにお化粧しなおして、ほっとしました。。が・・・・

あまりにも写真ではBEFOREもAFTERも変化がなさ過ぎて
自分でも吹き出しそうになりました。

d0350221_12322140.jpg



d0350221_12322136.jpg



これでもきれいになったんです。

今年の春は、小屋まわりに鉢ものをぶら下げたり、
壁に這わせたり。。
手を加えたいと思います♪

早く花粉の時期を通り越してほしい。。


想像の中で、きれいになった!と思ってくれた方・・・
下二つのバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。。

いつも応援ありがとう!

d0350221_12252045.jpg

にほんブログ村

d0350221_12252097.gif

[PR]

by HOME_aholic | 2013-02-18 08:37 | garden | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://homeaholic.exblog.jp/tb/22592478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ■80円の端材でDIY&花粉症。      ■多肉リメイクと飾り方。 >>