HOME+aholic

homeaholic.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 16日

■絶句するくらいの差&さつまいも利用法。

先日幼稚園の芋ほりが。

今年は年少さんと年長さんで、こども二人通っているので、
食べきれないほどのさつまいもを持って帰ってくる!とわくわくしながら
楽しみに送りだしました。

幼稚園のバスから降りたこどもたち。

重さで長男は顔をゆがませて降りてきた。

次男は、軽やかにジャンプして降りてきた。

二重にして持たせたビニール袋を覗くと、

長男収穫はこちら。

d0350221_12394525.jpg


そして同じアングルから次男の収穫。

d0350221_12394588.jpg



・・・・なんだろう。。この親指ほどの大きさのものは。。

d0350221_12394679.jpg



『何をどうやったら、こんな冗談みたいなさつまいも取れるんやろ。。。。』
とぶつぶつ言う私に。
長男がすかさず

『でも次男のほうが、食べやすそう!
ひとくちで食べるなら次男のさつまいもの勝ちだわ!ぼくのまけだわぁ~』

普段はフォロー上手な長男が苦し紛れにフォロー。

次男のことだから、持ち帰る重さのことを考えて
この収穫量になったんだろうなぁ・・・苦笑

+ + +

収穫したてのさつまいもは一週間置くとうまみが凝縮されるらしい。
でも収穫した日にすぐに食べたいと騒ぐので、
STAUBでなんちゃって石焼き芋作りました。

d0350221_12394661.jpg


アルミホイルをボールにして、
さつまいもが底につかないようにして。

d0350221_12394631.jpg

d0350221_12394655.jpg


蓋して中火で20分たったら回転させて。
さらに20分。

でもこれだけ時間かけた割には。。

d0350221_12394602.jpg



甘みもまだ少ないし、リベンジ。
こどもたちはマーガリンを付けて、夢中で食べてくれました♪

ほんとはこれを使ってみたい。
黒のアルミホイル。



残ったさつまいもで
甘いものが嫌いな長男のリクエスト。
『甘くなくて、テンションが上がるデザート』

ハードル高い。

レーズンが半端に残っていたので、
ソフトクッキー作りました。

さつまいも 250g(レンチンしてつぶす)
バター    100g
砂糖     100g
卵黄     2個分
薄力粉    300g
BP       4g
レーズン   適量
シナモン   小さじ1/2

バターをクリーム状にしてから砂糖。よく混ぜてから卵黄。
刻んだレーズンとつぶしたさつまいもを加え、混ぜる。
ふるい合わせた薄力粉とBPとシナモンを切り合わせる。
冷蔵庫で10分休めてから、いろいろな形で焼きます。
160度のオーブンで20分ほど。

生地を薄く焼くと少しかためのクッキーに。
今回はさつまいもっぽい形にしてみました。

d0350221_12394641.jpg


長男のリクエスト通り、甘みが少なく、
ほっこりする味なので、朝食がわりのスコーン扱いにしました。 

d0350221_12394612.jpg


また来週はお友達のおうちで芋ほりさせてもらえるから、
いろいろ試してみよう。。

どんな記事でも、更新楽しみにしてるよ!
なんて嬉しいメッセージの代わりに
↓2つの写真をクリックしてもらえると
とってもとっても嬉しいです。

ひと手間に感謝の気持ちでいっぱい。

d0350221_12340594.jpg

にほんブログ村

d0350221_12252097.gif

[PR]

by HOME_aholic | 2014-10-16 07:54 | food | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ■古くなったクーラーボックスま...      ■大きなダイヤモンドを作る。 >>