カテゴリ:interior( 164 )


2011年 06月 22日

蚤の市の戦利品。

長男の水ぼうそうも少し回復をみせて、
『いたい。。(泣)』ということも減ってるのかな
d0350221_12251748.gif


昨夜は旦那さんが突然私の好きそうな雑貨の本と、
長男が好きなひらがなの公文の本を買ってきました。

職場の積立金が上限に達して、少し還付されたらしいんやけど、
普通そういうお金って内緒でお小遣いにしちゃいますよね
d0350221_12251255.gif


でも家に閉じこもってがんばってるから、って
買ってきてくれたんです。自分の本は一冊も買わずに。。
金額が小さいですが、こんな思いやりを素直にできる旦那さんの

ファンです
d0350221_12251263.gif

小学校6年に会った時からの大ファンです。

ゴチソウサマって聞こえてきそうなので・・・本題へ
d0350221_12251215.gif



* * * * * * * * * * * *

アンティークが好きで、
アンティークショップやオークション、
ネットショップでいろいろ買いますが、

何よりも一番安いのが蚤の市
d0350221_12251263.gif


日本の蚤の市で出ているものは、
ダントツ昭和レトロの商品が多いです
d0350221_12251503.gif


そりゃそうですよね
d0350221_12251655.gif


最初はあまり目にとまりませんでしたが、
リメイクやペイントすることを念頭に置くと
なかなかいいんですよね。。

あとは、日本のライフスタイルに合わせた家具が多いので、
細かな引き出しの付いてるキャビネット、
小ぶりな家具、
格子の窓枠などなどは容易に手に入ります。

私がよく行くショップの蚤の市は
半年に一回大々的に蚤の市をするんですが、
年々ファンが増えて、平日初日にほとんどいい商品は売れてしまうみたいです
d0350221_12251215.gif


さすがに子ども2人を連れて
平日にはいけないし、旦那さんの休日出勤が多いので、
ラッキーなときにしか顔が出せませんが、
その蚤の市でGETした戦利品です。

白の椅子とトランクです。

d0350221_12251831.jpg


これは二つで3500円くらいです。



あとレトロなキャビネットです。

d0350221_12251861.jpg


ブルーグレーにぬることを前提に買いましたが、
取っ手を交換しただけで、いい感じになったので、
当分はこの感じで使おうと思っています。

これは1500円です。

あとは旦那さんが買ったもの。

d0350221_12251995.jpg


店員さんにちゃんと機能するか確認してもらっている間、
2人の別のお客さんが『手放してくれぇ・・・』と
なにやら強いビームを送っていたものです
d0350221_12251255.gif


これは1200円でしたが、今使っているラジオよりも
よっぽどきれいな音を出してくれます
d0350221_12251791.gif


愛知県の蚤の市ですが、
今度は10月開催なので、またお知らせします♪


新人ブロガーなので、
ポチっと応援で
必要以上に更新します♪

d0350221_12251247.jpg

にほんブログ村


d0350221_12250879.gif

[PR]

by HOME_aholic | 2011-06-22 08:06 | interior | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 21日

オールドキリムのクッションカバー、格下げです。。

この古ぼけたオールドキリムでできた
クッションカバー。。

とても気に入ってトルコからオークションで
買ってみました。。

d0350221_12251415.jpg



しかもひとつ1000円くらいかな。

オールドキリムってあまりにも高すぎて手がでないから
クッションカバーで格安に、
しかも柄もいろいろあって楽しめるから
d0350221_12251432.gif
だったのですが。

旦那さんがソファでゴロンしたり、
地べたでゴロンとするときには
クッションに抱きついたり
枕代わりにしたりするんです。。

そこである日。

『これ。。かたい。。。痛い
d0350221_12250823.gif


と言われてしまい、しょうがなく新しい柔らかいクッションカバーを探して、
オールドキリムのクッションカバーは
飾りクッションに格下げになりました。。

私もうすうす感じていたとこだったので、
新しいクッションカバーに前向きでしたが
なかなかいいのが見つからない。。

色展開があって、柔らかくて、
モダンじゃなくて、シンプルだけど上品で、
スイートになりすぎないカバー。。

またまた血眼ネットサーフィン開始
d0350221_12251465.gif


そして見つけました。。

d0350221_12251427.jpg



届いた商品は
クッションの裏側の生地がややすけてて
薄いかなと思ったけど、
表側のキルト生地がしっかりしてるし、
何よりもこの3色の色展開が
いい
d0350221_12251485.gif


バランスを考えて3色ともお買い上げ
d0350221_12251263.gif




そして、旦那さんのソファ居眠りの回数も無事に増えつつあります。。
よかったよかった
d0350221_12251161.gif
d0350221_12251019.gif



ポチっと応援よろしくお願いいたします♪
それを励みに更新がんばります
d0350221_12251263.gif


d0350221_12251247.jpg

にほんブログ村


d0350221_12250879.gif

[PR]

by HOME_aholic | 2011-06-21 08:18 | interior | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 16日

生活感を隠すぎりぎりのライン。

よく雑誌とかとことんこだわった方のおうちを拝見すると

『生活感のあるものはとことん隠す』

のをよくみますよね。
もちろんそれは理想です
d0350221_12250701.gif


ですが、残念なことに、私、自他共に認める
ずぼら&片付けべたなんです。。

なので、日常的に使うものを隠すと
毎日ストレスに感じてしまうのです。

・電子レンジを使うたびにカバーを外したり乗せたり・・
・炊飯器を使うたびにカバーを外したり乗せたり・・
・テレビを隠すために扉の中にしまいこんだり、カバー掛けたり・・・

少なくともこれらは、私できそうにない。
愛用のオーブンレンジはスムーズに使いたいし、
炊飯器は毎日使うし、保温してる時はカバーどうしたらいいのか。などなど。

家を設計する段階で、クリアできる条件のものを最大に織り込んでもらいました。

たとえばオーブンレンジやトースター。
トースターはお気に入りのamadana2段式のもので、
見えちゃっていい、むしろ見せたい
d0350221_12250735.gif



そしてオーブンレンジは取っ手のところにレースをぶら下げてるだけで
開け閉めに支障ないものをかけてます。

d0350221_12250834.jpg



これらは、ダイニングに座るとキッチンの死角になるように
キッチンをL字型に造ってもらい、そのカウンターの上に場所を確保しました。

炊飯器は造作キッチンのアイランドに
引き出し式で格納してもらいました。

d0350221_12250814.jpg


もちろんテレビとかPCはドーンと置いてます
d0350221_12250898.gif


これくらい生活感がでても気にならない、私のラインでした
d0350221_12250809.gif



素人ブロガーですが、ランキング参加しちゃってます(はずかし
d0350221_12250823.gif

よろしければポチっと応援よろしくお願いいたします♪


d0350221_12250883.gif


d0350221_12250847.gif




d0350221_12250862.gif



d0350221_12250879.gif

[PR]

by HOME_aholic | 2011-06-16 07:59 | interior | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 12日

アンティークをなんとか安く買う方法。。

もともと私は北欧テイストのインテリアが大好きで
マリメッコとか、ウォールナットとか
d0350221_12250533.gif


いまでももちろん好きなんですが、
家を作るときに洋書を読みあさっていくうちに

使い込まれた良さ、シャビーな感じ。。に
どんどんはまってしまいました。。

新しいものはいくらでも作りだせるけど、
何年も時間をかけて古びていくあの雰囲気はお金で買えない
d0350221_12250531.gif

と思うと、どんどん欲しくなって。。
でもお金がないし。。日本でアンティーク買おうと思うと高いし。。

私はアンティーク雑貨の初心者であり、
家を建てるころには、頭に描くイメージを形にしたくて
d0350221_12250518.gif


私は2人目を妊娠。
長男は動き盛り。
旦那さんは、一か月に数日しか休みがない激務。。

そして窓枠の色から棚割まですべてを自分で決める
注文住宅のことを決めながら・・・

雑貨を勉強して安く調達する方法を模索しました
d0350221_12250597.gif


今思えば、子ども2人を寝付かせてから
鬼の形相でネットサーフィン
d0350221_12250562.gif


日本のオークションもこまめにチェックして、
いわゆる定番のアンティークの物以外の古びたものをできるだけ買うことにしました。

そして値段が高すぎて手に入らないものは
直接アメリカやフランス、イギリスのオークションをこまめに覗き、
日本への送料も含めて価格交渉をしたり、
まとめて買ってディスカウントしてもらったり。

ものによってはぶっちゃけ日本の市場の1/5です。

もちろん送料も念頭に置いて買物しなければなりません。。

そんなそんな無謀な方法で手に入れた最初の品物は・・

d0350221_12250532.jpg


これは定番だけど、直接フランスの方と交渉して
送料入れても3,4千円だったかな。。

そして二つ目は
d0350221_12250595.jpg


これも商品自体は2千円くらいかな。
アメリカのオークションにて。
かなり円高を味方につけました
d0350221_12250534.gif


この二つを突破口に
どんどんフレンチカントリーな
アンティークの似合う内装のイメージが固まっていくのでした。。
[PR]

by HOME_aholic | 2011-06-12 16:53 | interior | Trackback | Comments(0)