人気ブログランキング |

■大きな一区切り。


家族でほとんどの
週末を利用して
没頭してきた長男の野球。

6年間目指していた大会が
ほとんど中止になり、
何時中止になるかわからない状況ながら
何とか一つだけ残っていた大きな大会が
土曜日にありました。

長雨で日程もずれ、
コロナの影響で
何時中止になるかわからない。

朝起きたら中止の連絡がくるんじゃないかと
恐怖でなんども起きて。
スマホでコロナの状況を調べ、
寝てはまた夜中に起きて
雨雲レーダーが変更になってないか確認。

親としてできることは
何もなくて。。
勝負運がいいのは東の方角だと知って、
試合の前日だけ
私と三男と一緒のベッドで
長男を寝させました。

長男が風邪をひかないように
夜中になんども起きて室温の確認をして、
長男が寝返りを打つと、
寝苦しいのかと様子をしばらく観察する。

怪我をしないように
と祈る日々でした。

いつもの姿で起きてきた長男に
どれほどほっとしたか。

土曜日は次男と三男を連れて
試合会場に向かう途中、
次男が
『今日は絶対に勝ちたい試合のやつ?
負けたらパパとママが悲しむやつ?』

と聞いてくるので、
『勝っても負けてもいいから
怪我なく試合を迎えてほしいかな。
怪我したらつらいすぎる。
そんな長男の姿をみることなく
6年間これたのは・・
すごいことだと思う。』

と答えてると
涙が出てきて。

まだ試合もしてないのに
色々な思いがこみ上げて
もう涙が出てきて。

次男に『運転中だよ』
と言われて涙を引っ込めました。

肝心の試合では
何度も僅差の試合で
優勝を交互の奪い合ってる宿敵と対戦。
相手は野球だけのクラブチームですが、
長男チームは野球もソフトボールも
サッカーも駅伝もこなすスポ少。

相手チームも負けられないプレッシャーが
相当だと思います。

■大きな一区切り。_d0350221_08455230.jpg

事実上の決勝戦、と言われて
異様な緊張感でした。

■大きな一区切り。_d0350221_08452087.jpg

2点取られ、
4点取り返し、
ギリギリで3点取られて
万事休すかと思われたら
直前に同点に追いついた長男チーム。

■大きな一区切り。_d0350221_08455361.jpg

そして特例で
延長戦はノーアウト1,2塁に
ランナーを置いてスタートしました。

結果長男チームは
1点をもぎ取ることができなくて

延長戦1点差で負けてしまいました。

もうこどもたちの
がんばりをたたえてあげたい反面、
顔を見てしまうと
なんと声をかけたらいいのかわからなくて、
長男の顔を見ることなく
静かにその場を去りました。

激しく落ち込む監督には、
親として感謝しかないことを
伝えました。

次男の集合時間が迫っていたので、
急いで移動した車内。
信号待ちするたびに、
色々こみ上げて、
涙が止まりませんでした。

県大会に出る夢のすぐ近くまで来ていたのに。
こどもたちが
飛び上がって喜ぶ姿がみたかった。

小学校に戻ってくる
長男たちの姿をひとめ見てから
お家に帰ろうと思ったら。

いつも仲間と
いつものようにごはんを食べて
いつもの仲間と
楽しそうに練習再開している姿をみてると。

強いなぁ。。

優勝していたとしても、
嬉しいことも悔しいことも
いつまでも引きずることじゃない、
長い人生では
ほんの一コマなんだな、
という思いになりました。

落ち込みの激しかった
親や指導者は
このこどもたちから
貴重な夢を分けてもらっていたので
負けたことを責める気持ちなんて
全く出てきません。

日傘に隠れて泣いてたママも、
家に帰ったけど
一人では気持ちの整理がつかなくて
学校にきた、というママも。

大きなプレッシャーから
解き放たれた指導者たちも。

楽しそうに練習を続けるこどもたちの
姿を見てようやく気持ちの整理を
つけさせてもらい、
みんな晴れ晴れとした表情に
変わりました。


まだ試合は続きますが、
目標にしていた大きな大会は、
あっけなく終わってしまいました。


このコロナ禍は
世の中の人々が
一生忘れることができない出来事で、
そのせいで夢を中断させられたこと。
それを自分の引き出しにして
前向きに次のステップに進んでほしいです。

本来ならとっくに夏休みですが、
今朝もランドセル担いで
いつものように学校にむかった
長男と次男。

夏休みのドキドキとワクワクも。
旅行も帰省も
何もできなくて
楽しませてあげることもできません。

それでも学校から帰ってきたときに
部屋がエアコンで涼しいだけで。
おやつがいつもより
豪華だっただけで。
それだけで大喜びするこどもたちの
前向きパワーにあやかっています。

一区切りついた土曜日。

気持ちの整理をつけて
次男の練習試合の応援に行った日曜日。


打席に立った瞬間。
監督から
『○○!サインいる?』
と聞かれ、
笑いながら
『いりません!』と答えた次男。

■大きな一区切り。_d0350221_08503116.jpg

次男が初めて
満塁ホームランを打ちました。

次のステップに向かって一区切りつけて長男が
パワーアップする姿を楽しみにしています。
そして長男の夢を引き継いでくれる次男を
全力でサポートしたいと思った週末でした。


更新まってるよ!!という
何ともうれしい反応のかわりに
↓2つの写真をクリックしてもらえると
励みになります。
ひと手間に感謝です。。




フェリシモ「コレクション」

instagramも不定期に更新中です。


Instagram


トラックバックURL : https://homeaholic.exblog.jp/tb/28186524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2020-08-04 14:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by HOME_aholic at 2020-08-05 10:21
> erikoさん
おはようございます!そして気持ちのこもったコメント
ありがとう♪何度も何度も読み返しました。。

同じ状況で野球に励んでる仲間として
参考になることがあれば。。と思って何度も何度も
内容を読み返したのですが。。
私が少年スポーツでこうあるべき!と思ってることとかけ離れすぎていて。。
なんだか悲しくなる内容でした。。
そしてきっとこういう事はたくさんあるんだろうとも思います。
erikoさんがどれほど板挟みになって困ってるか手に取るようにわかります。

小学4年生なんて。間違えて当たり前です。
我が家ではよくプロ野球を見るのですが、プロ野球選手でも
エラーをたくさんしてます。
それをみると、こどもたちにも『プロでもエラーはするんだから!』と
いつも声をかけてます。
とにかく楽しい!と思ってスポーツに励むことが大事な時期に。
なんで息子くんの努力を大人たちが素直に
認めてくれないのか。。詳しい状況がわかりませんが、
大人たちの罵声が飛び交っていたり、懲罰交代なんて
時代遅れも甚だしいです。
これから長男も中学校に入ると新しいチームになります。
そのチーム選びで大事にしたいことは
『尊敬できる大人に指導してもらえるかどうか』です。
チームが弱くても、長男自身が納得できる成績が残せないとしても
尊敬できる指導者の下でスポーツに励むことが大事だと思っています。

もしerikoさんがこどもに対して『指導者が正しいから
長男くんが受けた仕打ちは当然だよ!』と言い切れないのであれば。
私なら少し活動場所を考えるかもしれません。
近くに野球のチームがない、とか。ほかに移りづらいとか。
色々あると思いますが、こどもにも我慢の限界があります。
親が不安に思って納得いかない状態でこどもを安心して預けることができないはず。
努力する意味を正しく評価してもらえないなんて、なんのために
スポーツをしてるのか。。
息子君は、努力をする才能を持ってますよね。。
その才能をもっと大事にしてあげてください。
『コツコツ頑張る』才能、って一度捨ててしまったら
取り返すことができないとっても素敵な才能なんですよ!
そのチームに固執する理由があるのか。今一度家族で話し合ってはどうかな。
決して挫折ではないですよ!
親が納得してない姿はとっくに息子君に伝
Commented by HOME_aholic at 2020-08-05 10:22
つづき・・
親が納得してない姿はとっくに息子君に伝わってると思います。
何時だって遅すぎることないから、
息子君が努力することをやめてしまう前に、
親としてできることはいくらでもあります☆
究極をいうと、それが野球じゃなくてもいい。
こどもだけの判断では難しいところを先読みしてサポートしてあげるのが
親の役目でもあります。
正解がわからないから悩むと思います。
自分を責めずに。
いつか息子君の努力する姿勢が正当に評価される環境を
見つけてあげれることを私として応援するしかできないです。
不安があったらすぐまたコメントください。
そして常に前向きに息子君を誘導してあげれるように。
erikoさんからのコメント、いつでも待ってますね!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by HOME_aholic | 2020-08-03 08:50 | family | Trackback | Comments(3)

プチDIYや100均リメイク、インドアグリーンでおうち時間と育児を楽しんでいます★


by emi